第16回 東京音楽コンクール 本選

新進演奏家たちの頂上対決を目撃する

昨年の本選の模様
C)堀田力丸

 才能ある若手音楽家を発掘し、その支援や育成を目指して東京文化会館や東京都などが毎年開催、これまで数多くの入賞者が世界の檜舞台へと羽ばたいている「東京音楽コンクール」。16回目となる今年は声楽・弦楽・金管の3部門が開催され、予備審査と2次にわたる予選を通過した俊英たちが、本選へ挑む。普段のステージとは一味ちがう、“真剣勝負”に立ち会える機会は貴重。お気に入りの若手演奏家を、いち早く見つけるチャンスでもある。
 東京文化会館が開館して4年後、1965年にスタートした「新進音楽家デビューオーディション」が前身。三善晃・元館長の提唱で拡充され、2003年に「東京音楽コンクール」と改称された。当初はピアノ・弦楽・木管・金管・声楽の5部門だったが、15年からは組み合わせを変えて3部門ずつ開催。参加者の国籍・居住地を不問とするなど、国際化も図られた。審査員には、総合審査員長を務める指揮者の小林研一郎をはじめ、作曲家の三枝成彰ら錚々たる顔ぶれが揃う。
 本選では、楽壇の未来を担う俊英たちが、現田茂夫指揮の東響(声楽)、大井剛史指揮の日本フィル(弦楽)、梅田俊明指揮の新日本フィル(金管)の共演を得て、瑞々しい演奏でしのぎを削る。また、客席からの投票で選ぶ「聴衆賞」も設けられているため、ちょっとした審査員気分も味わえる。入賞者は来年2月、角田鋼亮指揮の東京フィルとの共演で、改めて“お披露目”。その後も充実のバックアップ体制を受け、ステージで耳にする機会も格段に増える。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年8月号より)

声楽部門 2018.8/27(月) 
弦楽部門 2018.8/29(水) 
金管部門 2018.8/31(金)
各日18:00 東京文化会館
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650 
http://www.t-bunka.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]