【CD】MISSING LINK of TOMITA 〜冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974〜

 「ミッシング・リンク」とは、生物学で進化の過程にある間隙を指す。アコースティックからデジタル、そして両者の融合と、常に“進化”を続けた冨田勲の音楽創り。当盤は、教育現場向けの作品や草創期にあったテレビ番組の主題歌など、その最初期の知られざる作品を集成している。未だ“戦後”を感じさせ、なぜか懐かしさも胸に迫るモノラル作品から、サウンド構築の手法自体も立体感を帯びるステレオの時代、やがてモーグ・シンセサイザーという“武器”を得るまで。その進化の過程の一方、晩年の作品にも用いられた多くのモティーフが顔を覗かせるなど、その連続性も体感できる。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2018年7月号より)

【information】
CD『MISSING LINK of TOMITA 〜冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974〜』

冨田勲:愉快な町の風船や、おいでよピーターパン、ブルースカイ、舞踊音楽劇「みにくいあひるの子」より、旅を行く、海底の幻想、うたのえほん、二つの橋、十羽の烏、ほたる、お月さまの見た話、春 春 春がきたよ、大雨の町、変化する自然 他

安田祥子(ソプラノ) ひばり児童合唱団 コロムビアオーケストラ 他

日本コロムビア
COCQ-85418 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]