【CD】バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番、無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番/ダニエル・ロザコヴィッチ

 一つひとつの音が踊っている。協奏曲第2番の歌い出しを聴いただけで、こう感じる向きは多かろう。スウェーデン出身のヴァイオリニスト、ダニエル・ロザコヴィッチは、弱冠17歳のライジングスター。わずか8歳で公式デビューして以来、ゲルギエフ指揮のマリインスキー劇場管やミュンヘン・フィルなど、一線楽団と次々に共演を重ねる。そのデビュー盤となる、協奏曲と無伴奏作品を組み合わせたバッハ録音。輝かしく粒立ちの良い音色と、作品への深い洞察。若者らしい清新さと、オイストラフら往年の巨匠を彷彿させる熟達した気高さ。一見相反するかにも思える、これらの要素を俊英は併せ持つ。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年7月号より)

【information】
CD『バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番、無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番/ダニエル・ロザコヴィッチ』

J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番・第2番BWV1041-1042、無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番BWV1004

ダニエル・ロザコヴィッチ(ヴァイオリン)
バイエルン放送交響楽団室内管弦楽団
オルガ・ワッツ(チェンバロ)

ユニバーサルミュージック
UCCG-1797 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]