【SACD】ベートーヴェン:ピアノ作品集1/伊藤恵

 シューマンおよびシューベルトの録音に取り組み続けてきた伊藤恵が、先人への道筋を辿るようにして、いよいよベートーヴェンの作品集に取り掛かった。第1弾は、楽器の可能性を探り続けたベートーヴェンが、当時最新鋭のピアノで創造力を爆発させた、ソナタ第21番「ワルトシュタイン」と第23番「熱情」を収録。伊藤は20世紀イタリアが生んだメーカー、ファツィオリのピアノを用いた。伸びのよい低音と、品良く華やかな高音の響きを生かし、作品の息吹を丹念に味わわせてくれる。「アンダンテ・ファヴォリ」の愛らしさからは大作曲家の優しさも滲み出る。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2018年6月号より)

【information】
SACD『ベートーヴェン:ピアノ作品集1/伊藤恵』

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」・第23番「熱情」、アンダンテ・ファヴォリ

伊藤恵(ピアノ)

FONTEC
FOCD9779 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]