【SACD】ベートーヴェン:ピアノ作品集1/伊藤恵

 シューマンおよびシューベルトの録音に取り組み続けてきた伊藤恵が、先人への道筋を辿るようにして、いよいよベートーヴェンの作品集に取り掛かった。第1弾は、楽器の可能性を探り続けたベートーヴェンが、当時最新鋭のピアノで創造力を爆発させた、ソナタ第21番「ワルトシュタイン」と第23番「熱情」を収録。伊藤は20世紀イタリアが生んだメーカー、ファツィオリのピアノを用いた。伸びのよい低音と、品良く華やかな高音の響きを生かし、作品の息吹を丹念に味わわせてくれる。「アンダンテ・ファヴォリ」の愛らしさからは大作曲家の優しさも滲み出る。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2018年6月号より)

【information】
SACD『ベートーヴェン:ピアノ作品集1/伊藤恵』

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」・第23番「熱情」、アンダンテ・ファヴォリ

伊藤恵(ピアノ)

FONTEC
FOCD9779 ¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]