神戸市室内管弦楽団 第143回 定期公演

2人の名手を迎えて4つの世紀の傑作を

 今年4月、神戸市室内合奏団から楽団名を改め、新たな飛躍を誓った「神戸市室内管弦楽団」。6月の定期演奏会では、ゴットリープ・ヴァリッシュ(ピアノ)とイエルーン・ベルワルツ(トランペット)、2人の名ソリストを迎えて、チャイコフスキーをはじめ、ロシアの作品を軸に披露する。
 今回は、帝政ロシア初の国際的芸術家であった、チャイコフスキーの傑作「弦楽セレナード」を軸に、ストラヴィンスキー「弦楽のための協奏曲」とショスタコーヴィチ「ピアノ協奏曲第1番」、次代に輝くふたつの巨星の佳品を併せて。さらに、チャイコフスキーが好んだイタリア音楽から、バロック期の巨匠トレッリの「トランペット協奏曲」を添える。
 ショスタコーヴィチを弾くヴァリッシュは、ウィーン出身でジュネーヴ高等音楽院教授も務める名手。一方、トレッリを吹くのは、幅広いクラシック作品のみならず、ジャズでボーカルまでこなすベルギー出身の才人ベルワルツ。2人の名手が、覇気あふれる精鋭集団と、どう共鳴するのか。大いに楽しみだ。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年6月号より)

2018.6/9(土)14:00 神戸文化ホール(中)
問:神戸市民文化振興財団 事業部 演奏課078-361-7241
  神戸文化ホール プレイガイド078-351-3349
http://www.kobe-ensou.jp/ensemble/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]