ウィーン少年合唱団 2018年 日本公演 記者会見

 1498年に創立され、520年の歴史を持つウィーンの“音楽大使”として世界中で親しまれているウィーン少年合唱団が今年も来日。4月28日から始まる全国ツアーに先駆けて、4月24日に都内で記者会見が行われた。
 記者会見には、合唱団の芸術監督を務めるゲラルト・ヴィルト、カペルマイスターのジミー・チャン、今回公演を行うハイドン組、そして松坂喜幸(キャノンマーケティングジャパン株式会社 取締役 専務執行役員)と二瓶純一(株式会社ジャパン・アーツ 取締役社長)が登壇した。
(2018.4/26 都内 Photo:S.Ito/Tokyo MDE)

後列左より:二瓶純一(株式会社ジャパン・アーツ 取締役社長)、ジミー・チャン(カペルマイスター)、
ゲラルト・ヴィルト(ウィーン少年合唱団芸術監督)
前列左より:松坂喜幸(キャノンマーケティングジャパン株式会社 取締役 専務執行役員)、ハイドン組

 今回は約2ヶ月間に渡り、全国各地で公演を行う。5月3日、4日にサントリーホールにて行われる公演では鈴木優人をゲストに迎え、パイプオルガンで合唱団と共演をすることが発表された。 
 ウィーン少年合唱団の芸術監督ゲラルト・ヴィルトは「毎年来日できていることは、私個人だけではなく、合唱団全体としても非常に喜ばしいこと。心から感謝しております。今年は“アニバーサリー”の年。ハイドン組が創立40周年、カペルマイスターのジミー・チャンも40歳。そして彼(ジミー・チャン)が生まれた年に私がハイドン組のコーラスとして初来日したのです。
 また合唱団のメンバーは世界中から集ってきているので、グローバルな世界を皆様にお届けできるのでは。合唱団としての目的、“心を動かす、人を動かす” そんなパワーを皆様に与えられればと思っています」と語った。

ゲラルト・ヴィルト(ウィーン少年合唱団芸術監督)

 カペルマイスターのジミー・チャンは「創立40周年を迎えるハイドン組とともに、私にとっては2回目の来日が出来たことを心から感謝しております。前回の来日で印象に残っているのは、日本の聴衆の皆様の素晴らしさです。私達が音楽を通して喜びを届け、その聴衆の皆様の反応が、私たちに喜びとして返ってくることは素晴らしいことです」と述べた。

ジミー・チャン(カペルマイスター)

 今回の2つのプログラムについて、「Aプログラムは『動物の世界』をテーマにしています。動物に関する歌を歌うことは想像力をふくらませるし、子どもたちにもとっても、嬉しいこと。また、動物に関する歌は7ヶ国語で歌っていて『グローバルな世界をつくりあげる』私たちにとってぴったりなテーマ。Bプログラムは『世界の歴史・音楽』。様々な作曲家の歌を歌っており、合唱団の伝統や歴史、世界について歌を通じてわかる教科書のようなもの。300年前から現代の曲まで歌うので、絶え間なく続いてきた音楽の歴史がわかると思いますし、今までの歴史に対しての尊敬、現代に対して希望を抱いている、まさに『全世界を抱きしめている音楽』ということを伝えていると思います。
 またプログラム中3曲は演出つきですので、そちらも楽しみにしていただければと思います。音楽を通じて喜び・幸せを届けるられることを願って止みません」と話した。カペルマイスターに就任したきっかけについては、「今年でウィーン生活は17年目です。以前、ウィーンの大学でピアノと指揮を勉強していました。その後ドイツにてオーケストラやオペラの勉強もしましたが、家族ができ、またウィーンに戻ることになったのが5、6年前。その時にヴィルト先生、ウィーン少年合唱団とお仕事をする機会に恵まれ、カペルマイスターに就くことになりました。今まで勉強してきた指揮やピアノ、声楽、そして父親として“若者を育てたい”と思っていたことをこの仕事で活かせることができ、非常に幸せです」と語った。
 会見の後には、ハイドン組とジミー・チャンのピアノにより「となりのトトロ」「トリッチ・トラッチ・ポルカ」の2曲が披露された。

ウィーン少年合唱団 2018年日本ツアー特設サイト
http://www.japanarts.co.jp/wsk2018/index.html

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]