トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》(演奏会形式/ハイライト)

実力派たちが贈るモーツァルトを聴く喜び

 国内外の一線楽団から選りすぐりの若き名手たちを集め、1995年に結成されたトウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ(TMP)。今回は、新日本フィルのコンサートマスターから指揮に転じた新進気鋭の清水醍輝を迎えて、歌劇《ドン・ジョヴァンニ》(演奏会形式/ハイライト)をはじめ、珠玉のオール・モーツァルト・プログラムを披露する。
 ゲスト・コンサートマスターには、元ウィーン・フィルの第1コンマス、ウェルナー・ヒンク。オペラはタイトルロールの町英和をはじめ、久保和範(レポレッロ)、柳原由香(ドンナ・エルヴィーラ)、デニス・ヴィシュニヤ(騎士長)、大久保光哉(マゼット)ら、豪華かつ瑞々しい実力派キャストで臨む。
 これに先立ち、歌劇《バスティアンとバスティエンヌ》序曲と交響曲第25番も演奏する。結成からこれまでに、150回以上の公演を重ねて来たTMP。今回は、その発展を縁の下から支えて来た、ステージマネージャーの早坂正樹氏の追善公演でもある。快演を聴衆と天上へ届け、楽団のさらなる“進化”を誓う。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年4月号より)

2018.3/31(土)17:00
東京オペラシティ コンサートホール
問:ミュージック・マスターズ03-3560-6765
http://www.music-masters.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]