【変更あり】仲道郁代 ピアノ・フェスティヴァル

これでピアノがますます好きになる


 6人のピアニストと5台のピアノが集まるという珍しいコンサートが開催される。3月16日、東京芸術劇場で開かれる「仲道郁代 ピアノ・フェスティヴァル」では、仲道郁代を筆頭に上原彩子、小川典子、金子三勇士、清水和音、萩原麻未の豪華メンバーが一堂に会して、共演を繰り広げる。「大好きなピアノの魅力をさまざまな形で知ってもらいたい。そんな気持ちから『この指とまれ!』と言い出したところ、素敵な5人の方々が集まってくれた」(仲道)。
 プログラムの第1部は「2台ピアノの祭典」。萩原麻未と仲道郁代によるラヴェルの「ラ・ヴァルス」や、上原彩子と金子三勇士によるドビュッシーの「小組曲」、小川典子と清水和音によるラフマニノフの「2台ピアノのための組曲第2番」より「ロマンス」「タランテラ」他が演奏される。それぞれのピアニストの組合せからどんな音楽が生まれるのか、大いに興味がわく。
 第2部は「5台ピアノの響演」。プログラムにはシャブリエの狂詩曲「スペイン」や、ホルストの組曲「惑星」より「木星」、ワーグナーの楽劇《ニュルンベルクのマイスタージンガー》より第1幕への前奏曲他、多彩な曲目が並ぶ。5台のピアノと6人のピアニストが、ほかでは聴けないゴージャスなサウンドを生み出してくれることだろう。
 また、同日にはマスタークラス(15:00 東京芸術劇場シンフォニースペース)が開催されるほか、開演前には6人によるピアニスト・トーク(18:15 〜)も行われる。ピアノがますます好きになる一日になりそうだ。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ2018年3月号より)

2018.3/16(金)19:00 東京芸術劇場 コンサートホール
問:ジャパン・アーツぴあ03-5774-3040 
http://www.japanarts.co.jp/

※当初出演を予定しておりました清水和音が、中野翔太、太田糸音に変更となりました。(2/23主催者発表。3/1編集部追記)

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]