エイステイン・ボーツヴィック(テューバ)

世界でただ一人のソロ・テューバ奏者、再び!


 こんなことも演れるのか!? 柔軟な感性と驚愕の超絶技巧で、テューバという楽器に新たな地平を切り拓き、世界的かつ“唯一無二のソリスト”として快進撃を続けるエイステイン・ボーツヴィック。さらに磨き上げた音楽性と、選りすぐった作品を引っ提げて日本へと降り立ち、驚愕と感嘆の嵐へと聴衆を巻き込む。
 ノルウェー出身。スウェーデンやアメリカで学び、名門・シカゴ交響楽団で40年以上、首席テューバ奏者を務めた後、ソリストに。技巧を究めるのみならず、世界各国の作曲家に新作を委嘱するなど、レパートリーの開拓にも尽力。ジョン・ウィリアムズは、自作を演奏した彼を「私の意図した望みを、遥かに超えた」と大絶賛した。
 今回の来日リサイタルは、ピアノの橋本礼奈が共演。バッハ「フルート・ソナタ変ホ長調」やピアソラ「オブリヴィオン」など、お馴染みの旋律をボーツヴィック自身の編曲で。さらに、彼が慈しむように愛奏してきた、故国ノルウェーやアメリカ、イギリスの魅力あふれる現代作品も、たっぷりと披露してくれる。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年2月号より)

2018.3/4(日)19:00 東京文化会館(小)
問:プロアルテムジケ03-3943-6677
http://www.proarte.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]