津田真理 ピアノ・リサイタル 〜ベートーヴェンの魂〜

円熟の時を迎え、ベートーヴェン後期3大ソナタと向き合う

C)Minako Ishida

 JTアートホールアフィニスで、津田真理が3度目のリサイタルを行う。「内装の木目が美しく響きが柔らかい」と愛するこのホールで、2015年のラヴェル、16年のショパンに続き、今年彼女が取り上げる作曲家はベートーヴェンだ。ほとばしる情熱、明確に作品像を浮かび上がらせる冷静な構築力、そうした津田の芸術が、ベートーヴェンの最後の3つのソナタ第30番・31番・32番を描き出す。
 桐朋学園、ザルツブルクのモーツァルテウム音楽院で学び、ハンス・ライグラフに師事、国内外のコンクールで優勝を飾り、帰国後は精力的にリサイタルやオーケストラとの共演に活躍してきた津田だが、大病を患い苦しんだ時期もあった。そして今、充実の時を迎えた津田が選ぶベートーヴェンの晩年のソナタは、ロマン的な表情の深みを増し、静かな光をたたえながら、濃密で立体的な書法に満ちている。豊かな津田のタッチで聴く初冬のベートーヴェンに、じっくりと耳を傾けたい。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2017年11月号から)

2017.12/8(金)19:00 JTアートホール アフィニス
問:パシフィック・コンサート・マネジメント
  03-3552-3831
http://www.pacific-concert.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]