ホールアドバイザー小川典子企画 Noriko’s Day vol.5 小川典子ピアノ・リサイタル

デビュー30周年はオリジナリティ満載のプログラムで

 ミューザ川崎シンフォニーホールのホールアドバイザーとして活躍し、多彩な企画・演奏で楽しませてくれるピアニストの小川典子。5回目を迎える『Noriko’s Day』もそのひとつだ。これまでも自身の演奏を中心に、ファミリーも楽しめるプログラムを組んできたこのシリーズだが、今年はデビュー30周年および浜松国際ピアノコンクールでの審査委員長就任を記念したリサイタルで、充実した演奏を聴かせてくれる。
 そのプログラムは、長くイギリス在住である小川ならではの「英国国歌『ゴッド・セイヴ・ザ・キング』による7つの変奏曲」(即興演奏を得意としたベートーヴェンの、隠れた注目曲!)にはじまり、パッションあふれる演奏が期待できる「熱情」ソナタ、そしてピアニズムの頂点を宣言するかのようなリストのピアノ・ソナタも。さらには2015年の浜松ピアノコンクールで第2次予選課題曲だった「イルミネイテッドベイビー」の作者、山根明季子をゲストに迎え、プレトークと同曲の演奏を。タイトルだけでも目を引く作品を次々に発表している山根だが、新感覚の音楽に対する演奏のヒントや、現代の音楽に対する小川のアプローチなどが聞けるかもしれない。
 終演後には、小川が選んだアマチュア・ピアニストたちによるミニ・コンサート、そしてホワイエでは仮装OKのハロウィーン・パーティーも。1日を音楽で遊ぶ! という気分でミューザ川崎へ。
文:オヤマダアツシ
(ぶらあぼ2017年10月号より)

2017.10/21(土)14:00 ミューザ川崎シンフォニーホール
問:ミューザ川崎シンフォニーホール044-520-0200 
http://www.kawasaki-sym-hall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]