カール・ヤイトラー(トロンボーン) ウィーン音楽 講習会 2017

ウィーンの吹奏楽の奥義に触れるチャンス

カール・ヤイトラー

 ウィーン・フィルのバス・トロンボーン奏者として活躍し、定年退団後も後進の指導など、精力的な活動を続けるカール・ヤイトラー。元ウィーン・フィル首席トランペット奏者のワルター・ジンガーら、“音楽の街”が育んだ独自のサウンドを知り尽くす名手と共に、「ウィーン式吹奏楽」と「トランペットコアー」のレクチャー&コンサートを開く。
「ウィーン式吹奏楽」は、トロンボーンやトランペットなどの金管楽器、フルートやサックスなど木管楽器、ティンパニなど打楽器と吹奏楽の全パートが対象(中学生以上。保護者同伴なら小学生も可)。J.シュトラウスⅡ「雷鳴と稲妻」など、シュトラウス一族による、ポルカなどが課題曲となる。
 一方の「トランペットコアー」は、ロータリー・トランペット、トロンボーン、テューバ、打楽器が対象で、ベートーヴェン「自然における神の栄光」ほかへ取り組む。日程は、2日間のレクチャーとリハーサルを経て、最終日のコンサート(14:00)に至る全3日間だが、参加日の選択も可能。ウィーンの響きの奥義を知る、貴重な機会となろう。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2017年9月号より)

2017.10/7(土)〜10/9(月・祝) 東京/アスピアホール
問:プロアルテムジケ03-3943-6677
http://www.proarte.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]