夜クラシック Vol.14 郷古 廉(ヴァイオリン)& 田村 響(ピアノ)

俊英二人が紡ぐ極上の時間

 19時半からと少し遅めのスタート、リラックスした雰囲気で注目のアーティストの演奏が楽しめると評判の、文京シビックホール「夜クラシック」。そのVol.14に、それぞれオーストリアで学んだ気鋭の二人、ヴァイオリンの郷古廉とピアノの田村響が登場する。
 シリーズテーマ曲「月の光」から組み立てられたフランスものを中心としたプログラムは、ショーソンの「詩曲」や、ドビュッシーとフランクのヴァイオリン・ソナタ、また、ヴァイオリニストにとって特別なレパートリーであるバッハの「シャコンヌ」と、聴きごたえ十二分の内容だ。子どもの頃カントロフに師事していたことから、フランスものに特別な愛着があるという郷古の色彩豊かな表現力、室内楽でも豊富な経験を持つ田村の実力を、たっぷり堪能できるだろう。
 このシリーズは、出演者によるトークも楽しみの一つ。郷古によれば「演奏よりトークのほうが緊張する。今後二度とないかもしれません!」とのことなので、貴重なトークもあわせて、お聴き逃しなく。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ2017年9月号より)

2017.9/28(木)19:30 文京シビックホール
問:シビックチケット03-5803-1111
http://bunkyocivichall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]