マルタン・ズィメルマン『ハロー』

ミステリアスで笑える不思議な世界

Photo:Augustin Rebetez

 いま世界の舞台芸術で最もアツい現代サーカスの雄、それがズィメルマン エ ド・ペロである。これまでも4つの部屋がグルグルと回転する『ハンスはハイリ』などで来日上演してきた。本作はそのメインメンバーの一人、マルタン・ズィメルマンの初ソロ作品である。
 ズィメルマンは妙にヒョロ長い手足で歩き回る、その姿だけで面白い。舞台上には「部屋のような空間」があるのだが、じつは外枠しかないのである。しかも徐々に傾いていってパタンと倒れて畳まれてしまう。そしてまたゆっくりと戻る、を繰り返す。安住の場所だと思った部屋/世界がなくなって、暗い中にただ独り残されるズィメルマン。ハラハラさせながら、どこか詩的な情景が展開していく。
 タイトルの『ハロー』は不思議な言葉で、目の前に人がいれば「こんにちは」という挨拶になり、いなければ「誰かいる?」という呼びかけになる。笑いながらも深く感情が揺さぶられる、そんな作品である。
文:乗越たかお
(ぶらあぼ 2017年7月号から)

7/29(土)17:00、7/30(日)14:00 東京芸術劇場プレイハウス
問:東京芸術劇場ボックスオフィス0570-010-296 
http://www.geigeki.jp/
他公演
7/26(水)まつもと市民芸術館(小)(0263-33-3800)

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]