スタインウェイ&サンズ東京 オープン 記者発表

 スタインウェイ・ジャパン株式会社は、5月12日に記者発表を行い、品川区東品川に国内初の直営店となる「スタインウェイ&サンズ東京」(天王洲アイル駅より徒歩約5分)を5月15日にオープンし、小売販売に進出することを発表した。
(2017.5/12 Photo:M.Otsuka/Tokyo MDE)

左より:ベンジャミン・スタイナー(スタインウェイ&サンズ社CFO兼COO)、後藤一宏(スタインウェイ・ジャパン株式会社代表取締役社長)、佐藤立樹(スタインウェイ&サンズ東京支配人)

 スタインウェイ&サンズ社CFO兼COOのベンジャミン・スタイナーによれば、アメリカ、ヨーロッパとともに、同社の3つのディヴィジョンのひとつ「スタインウェイ・アジア・パシフィック」(本社:上海)は、世界でも最も成長著しい市場を有しているという。なお、スタインウェイ・ジャパン株式会社の代表取締役社長・後藤一宏が、アジア・パシフィックの副代表も兼任する。製造部門は従来通り、ハンブルクとニューヨーク。
 松尾楽器商会をはじめとする特約店を通じての販売もこれまで同様に行い、同店では、特約店では展示が難しいような特殊モデルや限定モデルを中心に販売していくという。オープニングイベントとしてショールームツアー(要予約)が行われるほか、今後はフロア内でコンサートやマスタークラスなども開催する予定。
 詳細は、下記ウェブサイトでご確認ください。

スタインウェイ・ジャパン株式会社
http://www.steinway.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]