金子三勇士(ピアノ)

ロマン派の名曲を楽しいトークと共に

©Ayako Yamamoto

 デビュー以来、たえず注目を浴び続け、近年ますます勢いに乗るピアニスト金子三勇士。華々しいテクニックと音圧の効いた豪快な響きを披露する金子の昨今のパフォーマンスは、19世紀のピアノ音楽がもつヴィルトゥオーゾ的な側面を際立たせ、これまでクラシック音楽やピアノリサイタルとは縁の薄かった聴衆をも魅了している。
 そんな金子が杉並公会堂のリサイタルで披露するのは、ショパンの革命のエチュード、幻想即興曲、リストの愛の夢、ラ・カンパネラ、そしてシューマン=リストの献呈など、ロマン派の王道とも言えるピアノ作品だ。得意のリスト作品からは「物思いに沈む人」を組み込むなど、内省的な影を落としてコントラストをつける。多くの人たちが「聴いたことのある」作品群を、いかにフレッシュに喜びと驚きをもって届けるか。低音ヴォイスで語る曲間の解説を含め、金子のユニークなステージが繰り広げられることだろう。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ 2017年6月号から)

6/21(水)19:00 杉並公会堂
問:杉並公会堂03-5347-4450 
http://www.suginamikoukaidou.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]