スターダンサーズ・バレエ団 バレエ『ドラゴンクエスト』

バレエで体験するドラゴンクエストの世界

©Takeshi Shioya〈A.I Co.,Ltd.〉

 1995年の初演以来再演を重ねる日本バレエ屈指のヒット作で、バレエになじみのない方からバレエファンまで、そして子供から大人までが楽しめる希少なエンターテインメントだ。
 題材は第1作の発売から昨年で30周年を迎えたロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト」(堀井雄二原作)。主人公は白の勇者と黒の勇者で、そこに伝説の勇者、魔王、聖母、賢者、戦士、武器商人といった多士済々のキャラクターが登場し、手に汗握る冒険譚が展開される。
 音楽は、すぎやまこういち。おなじみのメロディがオーケストラによって壮大かつテンポよく奏でられ、「ドラクエ」ファンならずとも惹きつけられること請け合いである。演出・振付は近作『シンデレラ』『くるみ割り人形』のオリジナル版が好評を博する鈴木稔。演奏は田中良和指揮のテアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ。
 今回は舞台美術・衣裳を世界的デザイナー、ディック・バードが担当し、一新したバージョンでの上演となる。痛快無比な名作を心ゆくまで堪能したい。
文:高橋森彦
(ぶらあぼ 2017年5月号から)

5/13(土)、5/14(日)各日14:00  テアトロ・ジーリオ・ショウワ
問:スターダンサーズ・バレエ団03-3401-2293
http://www.sdballet.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]