横浜みなとみらいホール こどもの日コンサート2017

キッズ大集合! 歌のお兄さんと一緒にオーケストラの仕組みを知ろう!

 毎年5月5日に開催し、好評を集めているコンサート。今年はNHKのEテレ『おかあさんといっしょ』10代目「歌のお兄さん」(2003〜08)としても知られる今井ゆうぞうを初めてゲストに迎え、100人を超える児童合唱団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団との共演で「ぼよよん行進曲」ほかを披露。特撮やアニメ、ドラマの楽曲を手掛ける山下康介がアレンジを担当し、子どもから大人まで一緒に楽しめる内容を予定。加えて岩村力(指揮)の解説と共に、デュカス「『ラ・ペリ』へのファンファーレ」から、チャイコフスキー「弦楽セレナード」、ムソルグスキー「組曲『展覧会の絵』」(ラヴェル編)で楽器の響きに触れ、オーケストラ曲の秘密に迫るプログラムも魅力。なお1日2回公演で、1回目は0歳から入場可能だ。小学生以上を対象とした2回目では、楽器を持参すれば、池辺晋一郎作曲の「さか・さかさ・かさ」をステージ上でオーケストラと演奏できる企画も楽しそうだ。
文:東端哲也
(ぶらあぼ 2017年5月号から)

5/5(金・祝)13:00 15:30 横浜みなとみらいホール
問:横浜みなとみらいホールチケットセンター045-682-2000
http://www.yaf.or.jp/mmh/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]