ショパン・フェスティバル2017 in 表参道

ショパンのワルツと、創作の源となった作曲家たちをテーマに

 日本ショパン協会が主催する「ショパン・フェスティバル 2017 in 表参道」が、今年もカワイ表参道「パウゼ」で開催される。今回は「ワルツ」を中心とする魅力的なコンサートが並ぶ。
 初日5月22日の夜は「レクチャーコンサート」。青柳いづみこと楠原祥子が「ショパンのワルツ〜大衆娯楽から芸術へ」と題し、ワルシャワ時代、ウィーン時代、パリ時代初期・中期・後期に分けてワルツを紹介する。23日のリサイタルは菊地裕介。ショパンの2曲の華麗なる円舞曲に、シューベルト、ラヴェル、リスト、シューマンのワルツを対峙させる。24日の夜は白石光隆が、プーランク、吉松隆、ビル・エヴァンスらのワルツを交えてプログラミング。25日のリサイタルは、中桐望が「ワルツが描く恋物語」と題し、ワルツの他にバラード第3番やリストの「ウィーンの夜会」などを披露。26日に登場の青柳晋は「オール・ショパン・プログラム〜中期以降の傑作群」とし、前奏曲、舟歌、ノクターン、幻想ポロネーズ、ソナタ第3番など聴き応えある曲目を揃える。最終日のリサイタルは花房晴美だ。「時代と世界を舞曲はめぐる〜ショパンにはじまる名曲の系譜〜」と題し、子守歌やスケルツォと併せ、ラヴェル、マスネ、ファリャ、ストラヴィンスキーらの多彩な作品を聴かせる。
 連日、12時からはランチタイムコンサートも。期待の若手(松橋朋潤、近藤愛花、西原瑠一、高橋優介、小竹島紗子、ウーカシュ・クルピンスキ)の演奏にも注目だ。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ 2017年5月号から)

5/22(月)〜5/27(土) カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」
問:日本ショパン協会03-3379-2803
http://chopin-society-japan.com/chopin-festival2017/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]