巨匠が愛したピアノたち 江口 玲&阪田知樹デュオ

名器と名手が生み出すピアノ音楽の究極の美

 時代物の優れたピアノによるコンサートは、昨今では珍しいものではなくなりつつあるが、コンディション抜群の2台が揃い、名手によるデュオで奏される機会ともなればやはり格別だ。紀尾井ホールに2台のニューヨーク・スタインウェイが並ぶ。1台は1887年製の「ローズウッド」。19世紀のピアノ文化を今に伝え、カーネギーホールの舞台でも活躍した楽器だ。もう一台は1912年製の「CD75」。ホロヴィッツが愛奏したピアノとして知られ、繊細さとパワフルさを備えた名器である。
 優れた楽器ほど、奏者のどんな繊細なコントロールにも応えることができる。逆を言えばピアニストの側にも力量がなければ、楽器の魅力を十分に引き出すことはできない。今回の弾き手に不足はない。江口玲と阪田知樹だ。江口はこの2台でベートーヴェンの三大ソナタを録音し、コンサートでも弾き込んできた。パデレフスキの小品とリストのハンガリー狂詩曲第2番の対照的な2曲で、楽器固有の「声」を届けてくれるだろう。阪田知樹は昨年のリスト国際コンクールの覇者。熱意と創造性に富む彼の姿勢は、無限の伸びしろを感じさせる。今回は自身による編曲版でラフマニノフのチェロ・ソナタの第3楽章と、リストの「マゼッパ」を披露する。聴き逃せないのは、二人が2台ピアノで披露するブラームスだ。「ハイドンの主題による変奏曲」や「2台ピアノのためのソナタ」はいったいどんな奥行きを感じさせてくれるのだろうか。ピアノ音楽の究極の美に触れることになりそうだ。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ 2017年5月号から)

6/19(月)19:00 紀尾井ホール
問:紀尾井ホールチケットセンター03-3237-0061
http://www.kioi-hall.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]