第3回 レゾナンス〈鎌倉のひびき〉コンサートシリーズ2017

古都で楽しむ名手たちのアンサンブル

 春の古都・鎌倉で音楽を。この街の財産ともいえる寺社などを会場としたコンサートシリーズが行われているのをご存知だろうか。「レゾナンス〈鎌倉のひびき〉」と題されたこの小さな音楽祭は、マーラー・チェンバー・オーケストラの首席オーボエ奏者として活躍する吉井瑞穂を中心に、市内出身の有志たちが立ち上げたもの。3回目となる今年は、4月に室内楽コンサートなどが行われる。
 注目したいのは、鎌倉市街を抜けた奥地にあり、吉井が「街でも有数のパワースポット」と称賛する覚園寺(かくおんじ)でのコンサート(4/16)。吉井のオーボエ、ベルリン在住のヴィオラ奏者である赤坂智子、そしてオーケストラとの共演など多彩な活動をしている箏の片岡リサが、未知のサウンドを創造する。東京交響楽団の首席トランペット奏者を務める佐藤友紀を中心に、ソリストとして活躍する原博巳(サクソフォン)、名匠レオンハルトも絶賛した高橋博子(ハルモニウム)という、これもまた新しい響きが生まれそうなトリオによるコンサート(4/29、鎌倉女子大学二階堂学舎)も刺激的だ。さらには、吉井と佐藤に加え、メゾソプラノの波多野睦美、ハープの吉野直子、ファゴットの福士マリ子が揃うコンサート(4/30、カトリック由比ガ浜教会)では、この5人による新作初演も含めたプログラムを。
 レゾナンス(共鳴)という名にふさわしい、場(空間)と音楽の不思議な愉悦に惹かれる方は、ぜひ鎌倉へ。
文:オヤマダアツシ
(ぶらあぼ 2017年4月号から)

4/9(日)〜4/30(日) 覚園寺、鎌倉女子大学二階堂学舎、カトリック由比ガ浜教会、鎌倉ギャラリー 他
問:レゾナンス実行委員会0467-22-5131
※コンサートシリーズ2017の詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。
http://resonance-kamakura.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]