金子 平(クラリネット)

触発し合いながら生まれる五重奏の妙味

 金子平は、リューベック国立音大でザビーネ・マイヤーに学び、当地の楽団を経て2013年から読売日本交響楽団の首席奏者を務める、クラリネット界屈指の名手。彼は3月、紀尾井ホールの新シリーズ「Quartet Plus」で、実力派の誉れ高いウェールズ弦楽四重奏団[﨑谷直人、三原久遠(共にヴァイオリン)、横溝耕一(ヴィオラ)、富岡廉太郎(チェロ)]と共演し、クラリネット五重奏の醍醐味を披露する。
 両者は08年、難関のミュンヘン国際音楽コンクールで共に3位を獲得した際、「現地で食事して」意気投合。14年以降モーツァルトの五重奏曲を3回共演し、録音も行っている。
「彼らと共演して、出だしからこれまでとは違うと感じました。真直ぐな音が内に熱さを秘めながら奏され、望む音楽がストレートに伝わってくる。緊張と緩和といった波長が自然に合うんです」
 今回の1曲目は、モーツァルト未完のクラリネット五重奏曲変ロ長調 K.Anh.91(バイヤー補筆版)。同曲の生演奏は貴重だ。
「単一楽章で、サロン風の小品といった趣。優美でチャーミングな、コンサートの導入に相応しい曲です」
 メインはモーツァルトと並ぶ名作、ブラームスのクラリネット五重奏曲。
「彼らとはこれまで演奏していないので、今回はぜひこれを! と要望しました。この曲は、1対4の協奏曲的なモーツァルトの作品と違って、クラリネットが内声に回るなど、完全な五重奏になる場面が多く、動いているパートの音をきちんと聴きながら、皆で1つの音色を作らないといけない。そこが難しさであり、魅力でもあります」
 ブラームス晩年の枯淡の境地といわれる曲だが、彼の捉え方はそれにとどまらない。
「過度に暗く吹きたくはないのです。第3楽章の初めには、暗さを経て希望に昇華していくような明るさがあり、ジプシー風の場面や生き生きした部分もあります。私はよく映像を思い浮かべるのですが、例えば第2楽章は、ゆらゆらと揺れる雲の上を魂がふわふわ漂っているイメージ。また、弦が短調で降り、クラリネットが長調で上がる冒頭部分をはじめ、全体が短調と長調の間で揺らいでいる。かように情景変化の大きな、ブラームスの様々な人生観が反映された曲だと感じています」
 室内楽は「皆が意見を出し合って1つのものを作るのが魅力」だという。
「特に全員対等に割り振られたブラームスの五重奏曲は、リハーサル時のプロセスから対等に音楽を作っていく必要があります。今回は、クラリネットが目立ちすぎず隠れすぎず出入りしていく、その微妙さを表現できればと思っています」
 紀尾井ホール室内管のメンバーでもある彼は、「ホールのピュアな響きを用いて、より良い演奏を」とも語る。本番の成果が実に楽しみだ。
取材・文:柴田克彦
(ぶらあぼ 2017年3月号から)

Quartet Plus ウェールズ弦楽四重奏団 & 金子 平
3/29(水)19:00 紀尾井ホール
問:紀尾井ホールチケットセンター03-3237-0061
http://www.kioi-hall.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]