新国立劇場 ドニゼッティ《ルチア》(新制作)

“ベルカントの新女王”が耳目を奪う!

オルガ・ペレチャッコ

 今年前半の新国立劇場オペラで目を引くのが、新制作のドニゼッティ《ルチア》だ。モンテカルロ歌劇場との共同制作で、2019年に同劇場での上演が決まっている、というだけでも興味津々だが、何と言っても今回は、“ベルカントの新女王”オルガ・ペレチャッコのタイトルロールに熱視線が注がれる。
 ロシア生まれの彼女は、フェニーチェ歌劇場、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、メトロポリタン歌劇場、パリ・オペラ座といった第一線の舞台に、《リゴレット》ジルダ、《愛の妙薬》アディーナ、《椿姫》ヴィオレッタ等の主役で次々とデビュー。飛ぶ鳥を落とす勢いでスター街道を駆け上がっている。その魅力は、艶やかで輝かしい美声と最高度の歌唱技術、そして美貌と相まった稀有の存在感にある。特に伸びやかな高音と鮮やかなコロラトゥーラには、ただ惚れ惚れするばかりだ。
 《ルチア》で期待の中心はやはり、恋人の裏切りに絶望して狂気に陥ったヒロインが歌う「狂乱の場」。超絶技巧と演技力を駆使しながら10分以上にわたって錯乱状態を表現する、オペラ史上屈指の見せ場だ。ここでペレチャッコが満場を魅せること必至。しかも、通常フルートが受け持つ助奏が指定通りにグラスハーモニカで奏される今回は、幻想味もさらに増す。1〜2月にメトロポリタン、ウィーンに出演後、その勢いのまま日本でのオペラ&新国立劇場初出演を果たすペレチャッコ。世界最注目の歌姫が最高の時期に登場するこの《ルチア》は、文句なしに必見・必聴だ。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ 2017年3月号から)

3/14(火)18:30、3/18(土)14:00、3/20(月・祝)14:00、3/23(木)14:00、3/26(日)14:00 新国立劇場オペラパレス
問:新国立劇場ボックスオフィス03-5352-9999
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]