アンドレア・バッティストーニ(指揮) ヴェルディ「レクイエム」

鬼才バッティストーニの“ヴェルレク”が早くも実現!

アンドレア・バッティストーニ ©上野隆文

アンドレア・バッティストーニ ©上野隆文

 2016年の10月から東京フィルの首席指揮者に就任し、ますます波に乗るアンドレア・バッティストーニ。その若きマエストロが日本で初めてヴェルディの「レクイエム」を振る。これまでヴェルディやヴェリズモ・オペラで卓越した指揮を披露してきたバッティストーニが、聳え立つ高峰のような峻厳さと、ヴェルディならではの輝かしい「歌」が同居する壮大な傑作をどう聴かせてくれるのか、大注目の公演になりそうだ。ソリストも、安藤赴美子、山下牧子、小原啓楼、妻屋秀和と、日本を代表する名手ぞろい。加えて今回は、新宿区の区制70周年記念の公演であり、公募で選ばれた新宿文化センター合唱団が共演する。すでにマエストロとは顔合わせ済みだが、リハーサルでも全力投球するバッティストーニの情熱的な指揮は、合唱団のメンバーをいちどで虜にしてしまったという。
 世界が注目するマエストロと、彼のもとで羽ばたく手兵の東京フィル、豪華なソリスト、全身全霊を傾けて取り組む合唱団。賽は投げられた。あとは本番を待つだけだ。
文:加藤浩子
(ぶらあぼ 2017年1月号から)

2017.2/18(土)18:00 新宿文化センター
問:新宿文化センター03-3350-1141
http://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • METデビュー! 藤村実穂子(メゾソプラノ)インタビュー
      on 2020/04/08 at 09:07

      原点見つめ直す《さまよえるオランダ人》にマリー役で出演、 日本人初のMETライブビューイング登場、そして今伝えたい大切なメッセージ 取材・文:池上輝彦(音楽ジャーナリスト) 日本が生んだ世界屈指のメゾソプラノ・藤村実穂子が米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)に満を持してデビューを果たした。3月10日上演のワーグナーの歌劇《さまよえるオランダ人》マリー役を歌い演じた。独バイロイト音楽祭やウ [&#8230 […]