横浜みなとみらいホール ジルヴェスターコンサート 2016〜2017

素晴らしい音色と共に、新年へのカウントダウンを!

 毎年恒例となった、横浜みなとみらいホールの「ジルヴェスターコンサート」。今回も飯森範親のタクトのもと、特別編成される“ジルヴェスターオーケストラ”には、地元・神奈川フィルの石田泰尚をはじめ、扇谷泰朋、神谷未穂、高木和弘ら第一線楽団のコンサートマスターや名手たちが集結する。
 大晦日の午後9時、音楽監督の池辺晋一郎が作曲した、「ヨコハマ・ファンファーレ」で幕開け。徳永二男がメンデルスゾーン、漆原啓子・朝子がテレマン、高校3年生の吉田南がショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲を、さらにピアノの俊英・中野翔太で得意のガーシュウィンと、“ゆく年くる年”が記念の年となる作曲家を特集。ソプラノ鷲尾麻衣とテノール望月哲也のオペラ・アリアも、華を添える。そして、お待ちかねのカウントダウンは、シベリウス「フィンランディア」の豪快かつ華麗なサウンドと共に。大切な人と一緒に、新たな年を迎える喜びを分かち合おう。
文:笹田和人
(ぶらあぼ 2016年12月号から)

12/31(土)21:00 横浜みなとみらいホール
問:横浜みなとみらいホールチケットセンター045-682-2000
http://www.yaf.or.jp/mmh/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]