丸山泰雄 チェロ・ライヴ!! 〜無伴奏チェロ作品の系譜〜

時代を映し出す作品たちを集めて

 たった1挺のチェロで、これほど深遠で雄大、幽玄な世界が描き出せるとは。そんな驚きを聴衆にもたらすのが、わが国を代表する名手・丸山泰雄による『チェロ・ライヴ!! 〜無伴奏チェロ作品の系譜〜』だ。
 東京芸大やベルリン芸大に学び、国内外の登竜門で実績を重ねて、ソロや室内楽で活躍、主要楽団で客演首席も務める丸山。チェロの可能性を切り拓く企画を自ら打ち出すなど、精力的な活動を続けている。
 今回は、「チェロの旧約聖書」ことバッハの無伴奏組曲から、第1番を。そして、200年を隔てて無伴奏チェロ作品へ革命をもたらした、コダーイのソナタを対置。さらに、スペインの偉大なチェロの先人カサドやイギリスのブリテン、イタリアのジョヴァンニ・ソッリマ、石黒晶(さやか)と近現代の作品を配する。「6ヵ国の民族的特徴や、時代背景が濃厚に反映された作品を俯瞰するのが、このコンサート」と丸山。「これは同時に、チェロ演奏の水準を飛躍的に高めた巨匠たちへのオマージュでもあるのです」と語る。
文:笹田和人
(ぶらあぼ 2016年11月号から)

11/11(金)19:00
仙台市宮城野区文化センター パトナホール
11/22(火)19:00 Hakuju Hall
問:ロンドミュージック03-3265-9321
http://www.rondomusic.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]