マレック・シュパキエヴィッチ(チェロ)

世界を驚かせるチェロの才人が待望の再来日


 「心の豊かさを与えてくれる」と、世界中の聴衆から絶賛されているポーランド出身のチェリスト、マレック・シュパキエヴィッチ。彼が紡ぐ響きには、豊潤な音色と的確なテクニック、楽曲の全体像を捉える構築力と細部を余さず掬い取る緻密さなど、複層的な要素が同居している。アメリカの名門・南カリフォルニア大学などで学び、数々の国際コンクールを制して、ヨーロッパ各国で活動を展開。その一方、共同で手掛けた映画『ネバーランド』の音楽が、第77回アカデミー作曲賞を受賞するなど、多才の人物でもある。
 昨年の初来日に続いて、室内楽の名手として知られる上海出身のピアニスト、ジアイ・シーと共演するリサイタル。ショパン「序奏と華麗なポロネーズ」やラフマニノフの名ソナタとシュパキエヴィッチのルーツにかかわるスラヴ系作曲家、そして、「自分の音楽を方向づけた」というアメリカ作品からガーシュウィン「3つの前奏曲」を、自らの編曲で披露するなど、人生と信念を織り込んでゆく。
文:笹田和人
(ぶらあぼ 2016年10月号から)

10/29(土)16:00 トッパンホール
問:1002(イチマルマルニ)03-3264-0244
http://www.1002.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]