広島交響楽団音楽総監督に下野竜也が就任

 広島交響楽団が4月2日、都内で会見を開き、2017年4月から下野竜也が音楽総監督に就任すると発表した。
 就任にあたり下野は「広島交響楽団は秋山和慶先生が大切に育ててこられた。初めてこの楽団の指揮台に立たせていただいたのは1999年4月。それから17年。先生とファンのみなさんで作り上げたこの財産を大切に、未来に繋げていきたい」との抱負を述べた。
 2016年度が音楽監督として最後のシーズンとなる秋山和慶は17年4月から終身名誉指揮者に就任する。

左)秋山和慶 右)下野竜也

左)秋山和慶 右)下野竜也

 また、フォルクハルト・シュトイデ(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター)のミュージック・パートナー就任(16年4月から)もあわせて発表された。
 シュトイデは13年、15年と広響の定期演奏会にコンサートマスターとして出演。全曲指揮者なしでベートーヴェンの交響曲第8番、第5番「運命」ほかを披露し話題をさらった。
 今回のミュージック・パートナー就任に際しシュトイデは次のようなメッセージを寄せている。
「このたびの就任を大変光栄に思います。これまで様々なオーケストラと共演しましたが、どのオーケストラにも異なる心と個性があります。広響の心は、力強い音色、エネルギッシュな演奏、そしてメンバーの誠実で互いを敬う気持ちにあると思います。私にその心を開いてくださったことをうれしく思っております」

 シュトイデが出演した第354回定期演奏会の様子は一部YouTubeの「広響チャンネル」で視聴できるが、そのときのライブ録音が6月25日、ナミ・レコードからCDリリースされる。

【CD】
広響ミュージック・パートナー就任記念 <運命>

モーツァルト:歌劇「魔笛」序曲
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

フォルクハルト・シュトイデ
広島交響楽団
※全楽曲 指揮者無しでの演奏
2015年11月10日 広島文化学園HGBホール/ライヴ録音

ナミ・レコード
WWCC-7814

 

 

 

 

 

【公演情報】
第361回定期演奏会《ウィーン・フィル、コンサートマスター シュトイデ 深淵なる「未完成」》
2016年6月10日(金)18:45 広島文化学園HBGホール

ヴァイオリンソロ&コンサートマスター:フォルクハルト・シュトイデ
●曲目:
シューベルト:イタリア風序曲第2番ハ長調 D.591
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 Op.26
シューベルト:交響曲第7番ロ短調 D.759「未完成」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なお、広響では国際平和文化都市「広島」のオーケストラとして世界に音楽文化と平和のメッセージを発信する5ヵ年計画「“広島交響楽団 MUSIC FOR PEACE コンサート” ー日本・ポーランド プロジェクト 2016-2020」にも取り組む。16年度はショパン国際ピアノ・コンクールで第2位に入賞したシャルル・リシャール=アムランを迎え、ショパンの協奏曲第2番とベートーヴェンの交響曲第5番ほかを演奏する(2017.2/16)。

広島交響楽団
http://hirokyo.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]