下丸子クラシック・カフェ スペシャル

ファンに応えて1日限りの“開店”

 『下丸子クラシック・カフェ』は、マスターを務めるピアニスト山田武彦と、“常連マダム”のフリーアナウンサー松本志のぶ、そして多彩なゲストの演奏家と繰り広げる音楽やトークを楽しむ、小粋なステージ。2007年のスタートから年4回、全32回が開かれた好評企画が、スペシャルとなって帰って来る。
 今回のゲストは、ヴァイオリンの千葉清加、チェロの水野由紀、コントラバスの黒木岩寿と、弦楽器の名手を3人も迎える贅沢さ。「ゲストの第一線の演奏と素敵な常連マダムとのリラックスした語らい、薫り高い珈琲も準備してお待ちしております」とマスターの山田が言えば、「山田さんの人柄と変幻自在なピアノの音に惚れ込み、“2代目常連マダム”として通い始めて早6年。笑い驚き感動し感激し、素敵な時間を過ごしてきました。しかし昨年、オーナーがまさかの『休業宣言』。がっかりしていたら、1日限りの『開店』と聞き、今からわくわく心が躍ります」と松本。絶妙なトークのリズムも健在のようで、これはもう、馳せ参じるしかない!?
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年6月号から)

7/2(土)15:00 大田区民プラザ
問:大田区民プラザ03-3750-1611/大田区民ホール・アプリコ03-5744-1600
http://www.ota-bunka.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]