ヴィルデ・フラング(ヴァイオリン)

北欧からやって来る美しき音楽の使者

©Marco Borggreve

©Marco Borggreve

 北欧ノルウェーから、美しき音楽の使者がやって来る。テクニックや美音はもちろん、そのしなやかな表現力で聴衆を魅了し、熱い注目を浴びているヴァイオリンのヴィルデ・フラング。弱冠12歳でマリス・ヤンソンス指揮のオスロ・フィルと共演してデビューを果たし、2012年にはクレディ・スイス・ヤング・アーティスト賞を受賞し、その年に開かれたルツェルン音楽祭でのベルナルト・ハイティンク指揮ウィーン・フィルとの共演の実現へと繋がった。その後もライプツィヒ・ゲヴァントハウス管など第一線オーケストラと次々に共演を重ね、今季はサイモン・ラトル指揮でベルリン・フィルへの客演も控えるなど、まさに“旬”のアーティストが、ウズベキスタン出身のピアノの名手ミハイル・リフィッツを伴って、王子ホールに初登場。メンデルスゾーンのヘ長調とR.シュトラウス、2つのヴァイオリン・ソナタに、シューベルトの幻想曲とルトスワフスキのパルティータを組み込んだ、独創的なプログラムに挑む。
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年5月号から)

5/17(火)19:00 王子ホール
問:王子ホールチケットセンター03-3567-9990 
http://www.ojihall.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]