波多野睦美 朝のコンサート 第10回記念特別公演 イタリア歌曲集 〜コンサートと公開レッスン〜

歌曲集の真の姿を求めて

波多野睦美 ©Toshiyuki Kohno

波多野睦美 ©Toshiyuki Kohno

 「イタリア歌曲集」といえば音大声楽科受験の必須科目でもあり、学習者にはおなじみだ。歌曲集とはいってもほとんどはバロック・オペラのアリアなのだが、20世紀初頭に「イタリア古典歌曲集」として出版された際にロマン派風のピアノ伴奏が施されたために、現在私たちが聴いているのは、多くの場合はその“化粧された姿”なのだ。それを、原典や筆写譜を用いて作曲当時の響きを再現しているのがメゾソプラノの波多野睦美。古楽のアプローチがどうこうと難しい理屈は不要で、華美な化粧を落とした古典曲たちが、実に自然で豊かな表情の素顔で歌い始めるのは驚きだ。渡邉さとみ、宮崎蓉子(ヴァイオリン)、朝吹園子(ヴィオラ)、西山まりえ(ハープ/チェンバロ)、懸田貴嗣(チェロ)と共演者も古楽器の実力派揃い。コンサートの前に開かれる公開レッスンでは、その美しい素顔の秘訣の一端も明かされるだろう。声楽学習者ならずともぜひ居合わせたい、興味深い学びの場だ。
文:宮本 明
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年5月号から)

7/3(日)11:00 公開レッスン、14:30 コンサート 上野学園 石橋メモリアルホール
問:ダウランド アンド カンパニイ042-390-6430
http://www.dowland.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]