N響精鋭メンバーによるハルモニームジーク ベートーヴェン シンフォニーシリーズ Vol.1

精鋭たちが繰り広げる管楽アンサンブルの愉悦

 心躍らせる響きの愉悦が、再び! わが国を代表する名人集団・NHK交響楽団から選りすぐられた精鋭たちにより、管楽器に焦点を当てた室内アンサンブルの豊かなサウンドを、じっくりと味わうシリーズ『N響精鋭メンバーによるハルモニームジーク』。Hakuju Hallでの「ワンダフル one アワー」公演での好評を受けて、2時間のフル・ステージにパワーアップし、『ベートーヴェン シンフォニーシリーズ』として新たなスタートを切る。
 「ハルモニームジーク」は木管楽器を主体に、ホルンやコントラバスを加えたアンサンブルで、18世紀後半に流行。当初はオペラやオーケストラ作品からの編曲が主なレパートリーで、録音手段が存在しなかった時代、これらを手軽に楽しむ手段として普及した。しかし、まろやかなサウンドや個々の奏者の妙技を堪能できる点など、やがて独特の魅力が好まれ、この編成のためのオリジナル作品も生み出されるようになった。
 シリーズ第1弾となる今回は、青山聖樹(オーボエ)や伊藤圭(クラリネット)、福川伸陽(ホルン)、宇賀神広宣(ファゴット)と首席奏者陣をはじめ、首席代行奏者の西山真二(コントラバス)らNHK交響楽団のサウンドの中核を担う精鋭9人が集結。ハルモニームジーク版のベートーヴェンの交響曲から第8番、さらに「管楽八重奏曲 変ホ長調」などを聴かせる。特に交響曲は、第一線オーケストラのメンバーとして原曲も熟知している彼ら。それだけに、この編成で演奏する“必然”を感じさせる、魅力的な演奏を聴かせてくれるはず。
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年5月号から)

6/7(火)19:00 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700
https://www.hakujuhall.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 田中彩子(ソプラノ)インタビュー
      on 2019/09/18 at 11:18

      interview & text :室田尚子 ウィーンに居を構え、ヨーロッパを中心に南米など世界中で活躍するコロラトゥーラ・ソプラノの田中彩子。類い稀な高音と比類なきコロラトゥーラのテクニックで、名歌手エッダ・モーザーに「人生の中でそう聴けることのない素晴らしい声」と絶賛された経験を持つ。一度でも彼女の歌声を聴いた人ならば、その日本人離れした、いや、人間離れしたとさえ言えるような「天から響いてくる [&#8230 […]