ウィーン・サロン・オーケストラ ニューイヤーコンサート2016

新年のひとときをウィーンの調べで

ウィーン・サロン・オーケストラ ©K.Hayashi

ウィーン・サロン・オーケストラ ©K.Hayashi

 音楽の街から新春の日本へ、響きの使者が舞い降りる。ウィーン・サロン・オーケストラは、現地でも抜群の人気を誇る名門楽団。1994年にウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団のメンバーにより結成され、シュトラウス一家やレハールらによるオペレッタやワルツなどを主要レパートリーに、伝統的なサウンドと独特の雰囲気を尊重しつつ演奏する一方、ミュージカルや映画音楽など新たなジャンルへの挑戦も続けている。
 『ニューイヤーコンサート2016』では、「美しく青きドナウ」「ウィーン気質」「芸術家の生活」などJ.シュトラウスⅡのワルツやスッペのオペレッタ《軽騎兵》序曲など、なじみ深い旋律を、音楽芸術監督でコンサートマスターのウド・ツヴェルファーの弾き振りで。これに先立ち、ウィーンでのリサイタルが好評を博すなど、国際的に活躍するピアノの久元祐子をソリストに迎えて、モーツァルトの協奏曲第23番を披露。そして、“締め”はもちろん、「ラデツキー行進曲」を。華やかな気分に満ちた、新年のひとときが堪能できる。
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年12月号から)

2016.1/6(水)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:プロアルテムジケ03-3943-6677
http://www.proarte.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]