国連難民援助活動支援チャリティーコンサート 5人の指揮者 × 5人のピアニスト × 4人の声楽家 × ベートーヴェン

ベートーヴェンの「平和のメッセージ」を壮大に謳う


 内容、規模、そして理念。どれも実に壮大な公演だ。世界各地の難民活動を支援すべく、指揮者5名、ピアニスト5名、声楽家4名、そして1つのオーケストラが年の瀬に集う。プログラムはオール・ベートーヴェン。平和や人類愛を歌うのに、これ以上ふさわしい作曲家はいないだろう。しかも今回は、ピアノ協奏曲全5曲、ヴァイオリンのためのロマンス全2曲、交響曲第9番「合唱付」(全曲)を1日で演奏するというから凄い。
 指揮者は、曽我大介や西谷亮ら、実力派が交替で登場。管弦楽のブロッサム・フィル(2008年結成の新生楽団)で音楽監督を務める西谷は、司会も担当する。
 ピアノ協奏曲のソリストも実力派揃いで、個性豊かな面々が並ぶ。中でも、ドイツで巨匠ペーター・レーゼルに学んだ髙橋望がソロを弾く第5番「皇帝」は、作品への深い共感と歌心に満ちた名演が期待される。また、「2つのロマンス」では、同フィルの客演コンサートマスター・中村太地がソロを担当。今年のブラームス国際コンクール第3位の若き名手が真価を示す。
 そして「第九」の指揮台には、この作品を幾度となく指揮している曽我が登場。俳優・辰巳琢郎を父に持つ注目のソプラノ・辰巳真理恵らとともに、シラーの理念をベートーヴェンが昇華させたモットー「抱き合え、全世界の人々よ」を高らかに歌い上げる。
 なお、公演の収益の一部と当日行われる募金は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)を通じて、世界各地の難民援助活動に役立てられる。
文:渡辺謙太郎
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年12月号から)

12/28(月)15:00 ティアラこうとう (21:00終演予定)
問:ブロッサムフィルハーモニックオーケストラ03-5621-2636
http://www.blossom-phil.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]