パルマ王立歌劇場ライブビュー アンコール ヴェルディ・フェスティバル 特選上映

映像で楽しむヴェルディの極上の舞台

《仮面舞踏会》 © Roberto Ricci/Teatro Regio di Parma

《仮面舞踏会》 © Roberto Ricci/Teatro Regio di Parma

 パルマ王立歌劇場は、イタリア・オペラファンならぜひ訪れてみたい劇場だ。200年近い歴史を誇る山吹色の美しい劇場は、耳の肥えたファンが集まることでも知られる。彼らが愛してやまないのがヴェルディのオペラ。近郊で生まれ育ったヴェルディの「故郷」を自負するパルマでは、彼の誕生月である10月に「ヴェルディ・フェスティバル」が開催され、「Viva Verdi!(ヴェルディ万歳!)」のかけ声をかけようと待ち構えるファンの熱気が劇場に溢れる。
 生誕200年のアニバーサリーイヤーだった2013年、この「ヴェルディ・フェスティバル」での上演を中心に、ヴェルディの全オペラが映像化され、大きな話題となった。このたび、そのハイライトがアンコール上映されることになったのは嬉しい限りである。演目は、初期の《ナブッコ》から後期の《アイーダ》までオペラ7作に、「レクイエム」を加えた計8作。
 至高のヴェルディ・バリトン、レオ・ヌッチの至芸に酔える《ナブッコ》《マクベス》《リゴレット》(リゴレットのアンコールシーンは必見!)、歌手が揃って声のバトルが楽しめる《イル・トロヴァトーレ》、現代を代表するヴェルディ・テノール、フランチェスコ・メーリの美声が映える《仮面舞踏会》など、魅力的な演目が並ぶ。伝統美を前面に押し出した演出は、ファンの期待通りの美しさだ。バロック時代の円形劇場であるファルネーゼ宮殿で収録された「レクイエム」も味わい深い。
 イタリアの伝統的な劇場の豪華で親密な空間で繰り広げられる、ヴェルディ・オペラの醍醐味。客席にみなぎる独特の熱気ともども、堪能したい。
文:加藤浩子
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年12月号から)

12/17(木)〜12/19(土) イタリア文化会館 アニェッリホール
問:樂画会チケットデスク0120-954-618
※上映時間などの詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。
http://gakugakai.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]