尾高忠明(指揮) 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

記念イヤーに光を放つ絶妙なシベリウス・プログラム


 シベリウスの音楽には、誇張された表現や華美な音が似合わない独特の空気感がある。現在の日本で、そうした抑制の美学をもって雄弁に語り得る“シベリウス指揮者”の代表格といえば、尾高忠明であろう。それは東京でも聴かせた札響の交響曲シリーズ等で証明されている。
 その尾高が、9月の東京シティ・フィル定期でシベリウスを指揮する。これは見どころの多い注目のコンサートだ。まずは、組曲「恋人たち」、ヴァイオリン協奏曲、交響詩「4つの伝説曲」という演目が、生誕150年の今年数多いシベリウス・プログラムの中でも稀少。「恋人たち」は、繊細な弦楽の調べによる切なくも美しい名品で、札響でも取り上げた尾高が、やはり十八番の英国音楽にも似た清澄な感銘を与えてくれる。民俗叙事詩「カレワラ」に基づく「4つの伝説曲」は、有名な「トゥオネラの白鳥」のイングリッシュ・ホルンを軸とした瞑想的な情趣、「レンミンカイネンの帰郷」の弾んだリズムや迫力など、起伏に富んだ聴き応え充分の音楽。尾高は、2010年に札響、14年にN響でも取り上げて絶賛されただけに、自在の名演が期待される。稀代の名曲・ヴァイオリン協奏曲の独奏は、パリを拠点に活躍する韓国の名手、ドン=スク・カン。この共演は尾高の希望によって実現したというから、息の合った演奏が展開されること必至だ。
 そして、高関健の常任指揮者就任披露の「わが祖国」で濃密な快演を聴かせるなど、シティ・フィルはいま意気軒昂。手の内に入った尾高と共に奏でるシベリウス傑作集は、記念イヤーにひと際輝く充実の公演となるに違いない。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年8月号から)

第291回 定期演奏会
9/12(土)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:東京シティ・フィル チケットサービス03-5624-4002
http://www.cityphil.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]