創立60周年記念公演Ⅱ 牧阿佐美バレヱ団『リーズの結婚』


 『リーズの結婚』の原題は「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」。フランスで生まれ、ロシアで愛されてきたコメディ・バレエを“英国バレエの父”フレデリック・アシュトンが趣向を凝らし味わい深く仕上げた傑作である。牧阿佐美バレヱ団は本作を1991年に日本のバレエ団として初めて上演し以後再演を重ねてきた。“鉄板”といっていい看板演目だ。
 舞台はフランスの農村。農家の一人娘リーズは愛する農夫コーラスとの結婚を願っている。しかし、母親で未亡人のシモーヌは、リーズを金持ちの農場主トーマスの息子で一風変わったアランと結婚させようとするが…。若い男女の微笑ましい恋模様を軸にユニークで愛すべき人物たちが登場し一騒動繰り広げる―。
 他愛ない筋立てが、アシュトンの魔法にかかると、ユーモラスで感動的な物語に大変身する! 登場人物たちに寄り添い雰囲気を盛り上げる音楽(フェルディナン・エロール作曲/ジョン・ランチベリー編曲)にあわせ、鶏たちの軽やかな踊り、リーズとコーラスのパ・ド・ドゥ、村人が踊るメイポール・ダンス、シモーヌが披露する木靴の踊りなど多彩な踊りが続き、片時も目が離せない。
 リーズとコーラスはダブル・キャスト。青山季可(13日)と菊地研(14日)はカンパニーの顔といえる存在で華麗に“魅せる”踊り手だ。技が冴え渡り好調の清瀧千晴(13日)と奔放な踊りを持ち味とし今回初主役となる中川郁(14日)のフレッシュな2人も楽しみ。アランの細野生、シモーヌの保坂アントン慶ら芸達者にも注目したい。
文:高橋森彦
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年6月号から)

6/13(土)17:00、6/14(日)15:00 ゆうぽうとホール
問:牧阿佐美バレヱ団公演事務局0570-03-2222 
http://www.ambt.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]