神奈川県民ホールオープンシアター2015 子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』

子どもたちにこそ上質のステージを!

Photo:Kojiro Yoshikawa

Photo:Kojiro Yoshikawa

 神奈川県民ホールが毎年行っている「オープンシアター」。“芸術に触れ、劇場に親しむ”をコンセプトに、質のよい公演を低価格で楽しめるよう工夫されたイベントである。今年は子どものためのバレエとして、東京バレエ団の『ねむれる森の美女』が上演される(オーロラ姫:三雲友里加、沖香菜子/デジレ王子:岸本秀雄、梅澤紘貴)。物語の登場人物である式典長(カタラビュット)がナビゲーターとして登場し見どころを解説。ぬいぐるみが登場したり、客席に登場人物が現れたりと、子どもが集中力をもって観られるよう工夫されているのが特徴だ。休憩を挟んで1時間45分と比較的に短めなのも気軽で行きやすい。音楽は神奈川フィルハーモニー管弦楽団による生演奏。音楽と踊り、豪華な舞台装置に衣装と、本物の“総合芸術”に子どもを触れさせることのできる稀有な機会となっている。大人も子ども楽しめるこの公演、子どもの記念すべき劇場初体験の場として活用してみては?
文:石村紀子
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年5月号から)

5/31(日)11:30 15:00 神奈川県民ホール 
問:チケットかながわ0570-015-415 
http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]