奥村 愛(ヴァイオリン)

ヴァイオリンで綴る「一日」

©Wataru Nishida

©Wataru Nishida

 何ともユニークな、そして奥村愛らしいリサイタルだ。親しみやすいプログラムと自然体のトークで多くのファンを魅了する彼女が、今回のテーマに選んだのは『一日』。最新盤にも収録されているエルガー「朝の歌」で清々しく幕を開け、シュニトケやイザイの名曲を経て、ドビュッシー「美しき夕暮れ」へ。終盤には、ピアソラ「ナイトクラブ1960」などで、夜の闇と艶やかなネオンを巧みに描き出す。今回は共演のピアニストにフランス音楽に造詣の深い名手・藤井一興を迎えることもあり、ラヴェルやドビュッシーは特に楽しみな演目。また、プログラム中盤では、加藤昌則の新作「燻る煙と共に Romanza del passato」を披露するのも聴きどころだ。過去にピアニストとして奥村と度々共演し、彼女をイメージした「breezing air」も作曲している盟友が、今回はどのような作品を捧げるのか。実に興味深い。
文:渡辺謙太郎
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年5月号から)

5/30(土)14:00 紀尾井ホール
問:コンサートイマジン03-3235-3777
http://www.concert.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]