奥村 愛(ヴァイオリン)

ヴァイオリンで綴る「一日」

©Wataru Nishida

©Wataru Nishida

 何ともユニークな、そして奥村愛らしいリサイタルだ。親しみやすいプログラムと自然体のトークで多くのファンを魅了する彼女が、今回のテーマに選んだのは『一日』。最新盤にも収録されているエルガー「朝の歌」で清々しく幕を開け、シュニトケやイザイの名曲を経て、ドビュッシー「美しき夕暮れ」へ。終盤には、ピアソラ「ナイトクラブ1960」などで、夜の闇と艶やかなネオンを巧みに描き出す。今回は共演のピアニストにフランス音楽に造詣の深い名手・藤井一興を迎えることもあり、ラヴェルやドビュッシーは特に楽しみな演目。また、プログラム中盤では、加藤昌則の新作「燻る煙と共に Romanza del passato」を披露するのも聴きどころだ。過去にピアニストとして奥村と度々共演し、彼女をイメージした「breezing air」も作曲している盟友が、今回はどのような作品を捧げるのか。実に興味深い。
文:渡辺謙太郎
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年5月号から)

5/30(土)14:00 紀尾井ホール
問:コンサートイマジン03-3235-3777
http://www.concert.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]