※お詫びと訂正※アレクサンドル・ラザレフ(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団

20世紀のロシア音楽の傑作を集めて

【お詫びと訂正】
ぶらあぼ2015年5/18発行 2015年6月号「Pick Up」38ページに掲載しました
『アレクサンドル・ラザレフ(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団』の記事で、
6月7日(日)公演の会場名に誤りがございました。

誤:6/7(日)14:30 サントリーホール
正:6/7(日)14:30 東京オペラシティコンサートホール

お詫びして訂正いたします。


 2008年秋から日本フィルの首席指揮者として、お国もののロシア音楽で熱演をきかせてくれるアレクサンドル・ラザレフ。進行中の『ラザレフが刻むロシアの魂』シリーズでは、ショスタコーヴィチの交響曲が取りあげられている。昨年10月の第4番、今年3月の第11番「1905年」では、長時間ゆるむことのない集中と緊張を保って、作曲家の苦渋と葛藤を描きだし、素晴らしい成果をあげた。その指揮に応えた楽員も見事で、コンビの充実が実感できるものだった。6月の東京定期で予定されている交響曲第8番も傑作だけに大いに期待できるが、それに先立って横浜と東京で行なわれる演奏会では、同じ20世紀のロシア音楽の違った一面を愉しむことができる。
 組曲「馬あぶ」は、ショスタコーヴィチが書いた映画音楽の組曲。19世紀半ば、イタリアでの独立闘争の英雄を主人公にした劇映画で、わかりやすく軽快で美しい、作曲家が交響曲とは別の顔を見せた音楽だ。ヴァイオリンが甘美な旋律を奏でる〈ロマンス〉がききもの。続くラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」は、パガニーニの「カプリース第24番」の有名な旋律を用いた変奏曲。独奏ピアノは伊藤恵。息のあったスリリングな共演に期待したい。
 後半に置かれたストラヴィンスキーの「火の鳥」組曲(1945年版)は、バレエ・リュスのパリ公演のために書かれたバレエ音楽の組曲。豪華な色彩感、幻想的でエキゾチックな旋律美を、オーケストラのパワー全開で聴かせてくれるだろう。

第308回 横浜定期演奏会
6/6(土)18:00 横浜みなとみらいホール
特別演奏会
6/7(日)14:30 東京オペラシティコンサートホール
問 日本フィル・サービスセンター03-5378-5911 
http://www.japanphil.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]