ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2014/15  バレエ『愛の伝説』

ファン待望!10年ぶりの上演をシネマで堪能

©Pathe Live/dbi inc.Japan

©Pathe Live/dbi inc.Japan

 ロシアの名門バレエ団の舞台を身近に観られる「ボリショイ・バレエ in シネマ」。『ラ・バヤデール』『ファラオの娘』など人気作品が毎月1本映画館で楽しめる好企画だが、3月、いよいよバレエ・ファン待望の作品が公開される。 若き日のユーリー・グリゴローヴィチが振り付けた『愛の伝説』は、ペルシャの伝説を下敷きにした物語。妹シリンを病から救うために自らの美貌を差し出す女王メフメネ・バヌーと、姉妹に愛される青年フェルハドらの愛と苦悩が、グリゴローヴィチ得意の躍動感あふれる舞踊によって大胆に描き出されてゆく。スケールの大きい振付ゆえにボリショイ劇場改修中は上演できず、昨年10月、10年ぶりに再演の日を迎えた。
 出演はマリーヤ・アラシュ、アンナ・ニクーリナ、デニス・ロヂキンら今が旬のキャストたち。11月に来日するマリインスキー・バレエもこの作品の上演を予定しており、観ておけばそちらへの期待も倍加しそうだ。
文:新藤弘子
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年3月号から)

ボリショイ・バレエ in シネマ Season2014/15『愛の伝説』 
3/20(金)、3/21(土・祝)全国の映画館 
4/3(金)、4/4(土) Bunkamuraル・シネマ
※詳細は下記ウェブサイトをご確認ください。
http://bolshoi-cinema.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]