クリスティアン・ティーレマン(指揮) ドレスデン国立歌劇場管弦楽団

新たな黄金期に艶めく“いぶし銀”の響き


 ドイツ人シェフ&ドイツ伝統のオーケストラの組み合わせは今や数少ない。トップ楽団の中では随一の存在ともいえるティーレマン&ドレスデン国立歌劇場管が3年ぶりに来日公演を行う。これは現在の伝統の在り処を知る絶好機だ。
 ティーレマンは、ウィーン・フィルがベートーヴェン・ツィクルスを託し、バイロイト音楽祭が中心的役割を委ねている独襖王道の継承者。ドレスデン国立歌劇場管も、ワーグナー、R.シュトラウス等と緊密な関係を築いてきた超名門楽団であり、極上の肌触りで渋い光沢を放つサウンドへの支持は厚い。2012年に首席指揮者に就任したティーレマンとのコンビは欧米を席巻。2013年以降ベルリン・フィルから引き継いだザルツブルク・イースター音楽祭でも大成功を収めているだけに、今回への期待はいやが応にも増す。
 プログラムも意欲的だ。まず、ツアー演目として演奏されるのが稀なR.シュトラウス「メタモルフォーゼン」とブルックナーの交響曲第9番の“至高の最晩年プログラム”(2/22,2/24)。弦楽器23人のソロが融合する「メタモルフォーゼン」を、あの柔らかな弦楽群で聴くのは、忘れられない体験となるだろう。ブルックナーはティーレマンの十八番。重厚かつピュアな第9番では、真打ち的名演が待つ。もう1つのプログラムは、これも生演奏が貴重なリスト「オルフェウス」、ワーグナー「ジークフリート牧歌」にR.シュトラウス「英雄の生涯」(2/23)。抒情的で精緻な前半2曲では名楽団の個の妙技、指揮者&楽団双方の極め付け「英雄の生涯」ではドイツ管弦楽の究極を堪能できること間違いない。
 就任直後の前回公演から3年、両者が築いてきた新時代の真価が、ここで聴ける!
文:柴田克彦
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年2月号から)

2/22(日)14:00 横浜みなとみらいホール
2/23(月)19:00、2/24(火)19:00 サントリーホール
問:ジャパン・アーツぴあ03-5774-3040 
http://www.japanarts.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]