プロジェクトQ 第12章 若いクァルテット、シューベルトに挑戦する

いよいよシューベルトの世界に挑む


 若い弦楽四重奏団の発掘と育成を目的に、2001年から開催しているクァルテット振興運動『プロジェクトQ』。第12章となる今回は、シューベルトの弦楽四重奏曲のうち、6曲をテーマに。昨年11月からヴォーチェ弦楽四重奏団やゲヴァントハウス弦楽四重奏団、原田幸一郎(ヴァイオリン)ら名匠の薫陶を受けた6つの弦楽四重奏団が、本番のステージで真価を問う。
 同プロジェクトでは毎年、20歳前後のメンバーによる弦楽四重奏団を対象に、秋から世界の名手による公開レッスンを実施。年明けの試演を経て、2月の演奏会で成果を発表している。これまでベートーヴェン全曲をはじめ、バルトーク、モーツァルトなどをテーマに据えてきたが、シューベルトを取り上げるのは今回が初めて。
 演奏会は、2つのステージに分けて。第1のステージ(13:00)では、本プロジェクト受講をきっかけに結成された「クラルス弦楽四重奏団」が第4番、東京芸大卒業生により組織された「クァルテット・レオニス」が第9番、2012年に桐朋学園大学や桐朋女子高校音楽科の学生で結成された「アイリス弦楽四重奏団」が第13番「ロザムンデ」を取り上げる。
 そして、第2のステージ(18:00)では、桐朋女子高校音楽科(共学)在学生の男女4人によって構成される「シュエット弦楽四重奏団」が第10番、12年に桐朋学園大に在籍するメンバーで結成された「リュミエール・クァルテット」が第14番「死と乙女」、小澤国際室内楽アカデミー受講をきっかけに組織された「クァルテット奥志賀」が第15番を披露する。
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年2月号から)

シューベルト弦楽四重奏曲演奏会① 2/7(土)13:00
シューベルト弦楽四重奏曲演奏会② 2/7(土)18:00
上野学園 石橋メモリアルホール
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650 
http://www.tvumd.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]