Aoyama Ballet Festival — Last Show —

 バレエやミュージカルなど、華やかな公演の会場として多くの人に親しまれてきた青山劇場。バレエファンには、熊川哲也がゴールドメダルを受賞したローザンヌ国際バレエ・コンクールが開催された場所としても知られる。2012年に厚生労働省が閉館の方針を打ち出して以来、存続を望む声が広がっていたが、惜しくも2015年1月いっぱいで閉館することが決まった。その最終公演として、2000年まで開催されていた青山バレエフェスティバルが2夜限りの復活。ゆかりのあるダンサーたちが集結し、劇場のフィナーレに華を添える。
 ベテランから若手まで、実力と個性を併せ持つダンサーたちが選んだプログラムは、古典も現代作品も、その人の極め付けと思えるものばかり。酒井はなはマルコ・ゲッケ振付『モペイ』を踊るほか、西島千博と組み西島振付の『シェヘラザード』を披露する。西田佑子と横関雄一郎は『ライモンダ』を、下村由理恵と佐々木大は『ロミオとジュリエット』よりバルコニーのパ・ド・ドゥを踊る。キミホ・ハルバート、小7轟酎セらが自らの振付作品を披露するほか、Noismで金森穣と共に充実した活躍を繰り広げる井関佐和子が、金森の最初の作品『Under the marron tree』を踊るのも、記念すべき公演にふさわしい。他にも、福岡雄大ら旬の男性ダンサーたちが踊る矢上恵子振付『組曲PQ』など、見どころは尽きない。
文:新藤弘子
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年1月号から)

2015.1/29(木)、1/30(金)各18:30 青山劇場 
問:こどもの城劇場事業本部03-3797-5678 
http://www.aoyama.org

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]