おとなの直球勝負 14 伊藤 恵(ピアノ)

深い共感で迫るシューマン夫妻の世界

 ©武藤 章

©武藤 章

 シューマンという果てしなく豊かな想像力を持つ作曲家に、長きにわたり向き合い続けて来たピアニストの伊藤恵。“脂ののりきったアーティストが考え抜いたプログラムで真価を聴かせる”トッパンホール「おとなの直球勝負」シリーズで、これまで培ったシューマンへの深い理解を披露する。
 演奏されるのは、若き日のシューマン
の創作の源となった妻クララへの想い、ふたりの絆が感じられる作品ばかり。シューマンからは、「クライスレリアーナ」と「幻想曲」。ロマンあふれる2つの大曲を1夜にして聴くことができるのは貴重な機会だ。それぞれの作品の前には、そこから少しの時を経てクララが作曲した「ロベルト・シューマンの主題による変奏曲」、「4つの束の間の小品」が置かれる。シューマンの音楽への尊敬と理解が伝わる作品が、彼のファンタジーに満ちた音楽の世界をより身近に感じさせてくれるだろう。
 伊藤が深い共感とともに迫る、シューマンの幻想の世界。必聴のリサイタルだ。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年1月号から)

2015.1/24(土)15:00 トッパンホール
問:トッパンホールチケットセンター03-5840-2222 
http://www.toppanhall.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]