テトラヘドロン 第2回 アート×アート×アート〈音楽 × ダンス × 写真〉

4人のアーティストによるライヒ&ペルトの世界

 音響の良さと共に優れた企画で知られるHakuju Hall。2013年には、知的好奇心を刺激するシリーズ『アート×アート×アート』第1弾として作曲家の藤倉大をフィーチャーした。その第2弾が、音楽=加藤訓子、ダンス=黒田育世/中村恩恵、写真=高木由利子という顔ぶれで行われる。
 公演は2部構成。Part1では、加藤のマリンバと黒田のダンスでスティーヴ・ライヒの「ニューヨーク・カウンターポイント」「シックス・マリンバ・カウンターポイント」ほかを贈る。ライヒの「カウンターポイント」シリーズは加藤が、世界で初めて代表作3曲をパーカッションアレンジした、いわば彼女にとって自家薬籠中の作品。同種の楽器の音の反復から独特の響きを編み出すライヒの音楽が、強い個性と熱量で踊る黒田という“異物”を迎えてどう響くか、期待は高まる。Part2 では、アルヴォ・ペルトの「フラトレス」「鏡の中の鏡」「カントゥス」ほかを上演。加藤の演奏による抒情的な音楽の中、過去に自作でペルトを用いたこともある中村の、静謐さに情熱が滲む踊りをとくと味わいたい。
 Part1・2ともに、高木由利子がリアルタイムに撮影した写真を、舞台背面のスクリーンに映し出す。高木が音楽とダンスの“瞬間”を切り取り、それを受けてまた音楽とダンスが変容する——。観客にとっても唯一無ニの体験となるかもしれない。衣裳は三宅一生+Reality Lab.。4人の女性による3ジャンルのコラボーションは、どんな「テトラヘドロン」を創り出してくれるだろうか?
文:高橋彩子
(ぶらあぼ + Danza inside 2014年10月号から)

12/19(金)19:00 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700 
http://www.hakujuhall.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]