レクチャー&コンサート 楽器と巡る音楽の旅

ピリオド楽器に親しむ絶好のチャンス

 多くの音楽ファンに良質な音楽を届けようと活動を続けるSony Music Foundationが30周年を迎え、その記念公演として4回にわたるレクチャー&コンサート「楽器と巡る音楽の旅」が東京オペラシティのリサイタルホールで開かれる。案内役は朝岡聡。演奏陣には日本を代表するピリオド楽器の奏者たちが揃う。
 第1回は「チェロ編」として鈴木秀美が最古の無伴奏チェロ作品からメンデルスゾーンのソナタまでを、第2回の「ヴァイオリン編」では寺神戸亮がカステッロ、モーツァルト、フランク等の作品を披露する。第3回「ピアノ編」では、昨今意欲的に時代楽器に取り組む仲道郁代がチェンバロ、フォルテピアノ、スタインウェイまでを弾きこなす。第4回「フルート編」には有田正広が登場し、ルネッサンスからモダンの楽器でエイクからドビュッシーまでを奏でる。どの回も時空を超えて、音楽と楽器の充実した歴史物語を楽しませくれるだろう。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ + Danza inside 2014年7月号から)

第1回 チェロ編:鈴木秀美 7/19(土)14:00 
第2回 ヴァイオリン編:寺神戸亮 7/19(土)17:00
第3回 ピアノ編:仲道郁代 7/20(日)14:00
第4回 フルート編:有田正広 7/20(日)17:00
東京オペラシティ リサイタルホール
問:Sony Music Foundation 03-5227-5233 
http://www.smf.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]