Tag Archive for 宮本益光

黒い薔薇歌劇団 旗揚げ公演 モーツァルト《魔笛》

楽しい工夫が仕掛けられたステージに期待  「黒い薔薇歌劇団」? モーツァルト《魔笛》で旗揚げ公演を行なうこの怪しげな団体は、バリトン宮本益光が主宰する新しいオペラ・カンパニー。奇妙な名は二ノ宮知子のコミック『のだめカンタービレ』の「アンコール オペラ編」(単行本24&25巻)に登場する市民オペラ団体「白い薔薇歌劇団」か…

神奈川県民ホール 年末年越しスペシャル ファンタスティック・ガラコンサート 2014

今年のコンセプトは“40”  オペラにバレエにオーケストラ。名作のハイライトをいっぺんに楽しめる、まさにファンタスティックな、神奈川県民ホールの『ファンタスティック・ガラコンサート』が、恒例の年末に戻ってきた。昨年はホールの改修休館のために11月末に開催されたが、年の瀬ならではの開放感はやはり特別。一年を締めくくって新…

新宿文化センター開館35周年記念 ベートーヴェン「第九」

文化の拠点の新たな門出を祝う  1800席の大ホールなどを擁する新宿区立の複合文化施設として、1979年にオープンした新宿文化センター。近年は新宿コマ劇場や東京厚生年金会館などの閉館に伴い、周辺では唯一の大ホールとなり、区内のみならず都内全域でも、ますますその重要性を高める中、節目となる35周年を迎えた。それを記念する…

ファンタスティック・ガラコンサート2014 祝宴 オペラ&バレエ 40th Anniversary

オペラとバレエをもっと身近に  神奈川県民ホールが毎年年末に行っているガラ・コンサート。一流のオペラ・オーケストラ・バレエが一度に堪能できるスペシャル企画である。作品や作曲家についての解説や聴きどころ、観どころの紹介が合間になされるため、初心者でもわかりやすく、毎年大人気の公演となっている。クラシック音楽ファンはもちろ…

東京二期会《チャールダーシュの女王》HPレポート

 東京二期会がNISSAY OPERA 2014提携公演として11月22日から26日まで日生劇場で上演する、カールマンのオペレッタ《チャールダーシュの女王》。そのHP(ハウプト・プローベ、オーケストラ付き舞台リハーサル。GP(最終総稽古)の一つ前に行われる通し稽古)が19日行われた。23日、26日出演のキャストの部を取…

池辺晋一郎《鹿鳴館》が待望の再演へ

 新国立劇場2013/2014シーズン最後を飾る、オペラ《鹿鳴館》(6/19(木)〜)の稽古が、去る5月29日に始まりました。 (Photo:M.Terashi/TokyoMDE) 初日の顔合わせには、作曲の池辺晋一郎さん、指揮の飯森範親さん、演出の鵜山仁さんのをはじめ、スタッフ、キャストが勢揃い。 池辺さん「じつは、…

宮本益光(作詞/バリトン)&加藤昌則(作曲/ピアノ)

ある夫婦の互いの命との向き合い方を綴る  歌手・宮本益光が、訳詞や作詞をはじめとする豊かな文才も持ち合わせていることは、本誌読者ならよくご存知だろう。その彼のテキストによる自作自演の新作が、この2月に上演される。東京芸大時代の同期で、すでに多くの共作を生んでいる作曲家・加藤昌則とのコンビによる、バリトンとソプラノのため…