Tag Archive for 堀正文

堀 正文 70th Anniversary Concert

名奏者を寿ぐ最高にゴージャスなステージ  長年にわたってNHK交響楽団のソロ・コンサートマスターとして活躍した堀正文の古希(70歳)を祝うコンサートがサントリーホールで開催される。富山県出身の堀は、京都市立堀川高校音楽科卒業後、ドイツに渡る。フライブルク音楽大学を卒業し、ダルムシュタット国立歌劇場管弦楽団のコンサートマ…

東京ヴィヴァルディ合奏団 ヴィヴァルディ「四季」

年始めは“原点”の「四季」でスタート!  半世紀以上にわたり、わが国のバロック音楽演奏をリードし続ける精鋭集団「東京ヴィヴァルディ合奏団」にとって、「四季」は“原点”と言えよう。そんな特別な作品を第一線のソリストを迎え、年初の一番に全4曲を愉しむ恒例のステージ〈新春は「四季」を聴きたい〉が、2017年で第30回に。わが…

東京・春・音楽祭 ―東京のオペラの森2017―

どれも聴き逃せない充実のラインナップ  今や春の上野の風物詩となった「東京・春・音楽祭」。2017年は3月16日から1ヵ月間にわたり、東京文化会館や美術館・博物館、上野学園 石橋メモリアルホールなど、上野に集まる多数の文化施設を舞台に約150もの公演が開催される。注目の公演をご紹介しよう。  まず最大の目玉公演はワーグ…

室内楽の魅力 ブラームス 第3回〜若き日の恋

若きブラームスの瑞々しい名品2曲を  生涯独身を貫いたブラームスだが、20代は婚約しながらも破談になったり、クララ・シューマンと出会って親密になるなど、恋多き青年時代を過ごした。その時期の情熱を美しい旋律と濃密な響きに込めた室内楽作品である、弦楽六重奏曲第1番とピアノ四重奏曲第1番。前者はロマンティックな第2楽章のピア…

シューベルティアーデ TOHO 2013

これであなたもシューベルティアン! シューベルトの友人たちが開いていたサロンコンサートの名を冠し、桐朋学園大学の教授陣によるコンサートや公開レッスンなどを通じて、シューベルトの多彩な音楽世界の魅力を掘り下げる《シューベルティアーデ TOHO 2013》が、9月に東京で開かれる。 オープニング・コンサート(9/2)では、…