アーティストメッセージ(60)~市原 愛(ソプラノ)

C)Takayuki Yoshida

 緊急事態宣言や自粛生活を、まだどこか人ごとの様にしか思っていなかった2月中旬、翌週開催予定だった演奏会中止の連絡が、突然入りました。そこから一気に、これまで当たり前だった日常が崩れてゆき…私の場合、この危機に立ち向かう心の準備が出来るまでには、随分時間がかかってしまった様に思いますが、漠然とした未来への不安から頭を切り離し、先ずは一日一日、その日のうちに達成出来る小さな目標を立て、心を充実させる努力をして過ごしていました。

 先日、春に続いて夏の甲子園大会中止が発表されました。もうずっと昔の話(!!)ですが、実は高校3年生の時に、春の選抜野球大会開会式で「君が代」を歌ったことがあります。大会史上初めての試みだったこともあり、何と当時の総理大臣からお褒めのお言葉(お電話!)を頂戴したり、その後の私の人生にとても大きな影響を与えました。今でも高校生による「君が代」は続いていて、球児のみならず、歌を志す学生にとっても、ひとつの目標となっている大会。夢と希望を思いっきり追いかけられる日々が早く戻るよう、強く願っています。